カフェ・イタリアンで食を豊かに~パンケーキ~

CAFE NAVI

カフェ

syokuji

カフェとは、コーヒーをメインに提供する飲食のことです。日本では、喫茶と呼ばれることも多いです。ドリンク類だけではなく、サンドウィッチやパンケーキなどの軽食も提供しています。

カフェの発祥地は、コンスタンティノープル(現在のイスタンブール)と言われています。その後、コーヒーが普及し、ヨーロッパ各地や日本で広がりました。現在では、各国のライフスタイルに合ったカフェスタイルが親しまれています。

複合カフェ

syurui

流行や一種のこだわりをもった「コンセプトカフェ」が増加しています。
ユニークなコンセプトから癒しを目的としたコンセプトまで存在しています。どういったコンセプトの種類があるのか紹介します。

・雰囲気
日常生活から遠ざかることができます。南国、ヨーロッパのアパート、童謡などの世界に入り込むことができます。内の内装だけではなく、メニューにもこだわりを持っています。

・コスプレ
員がコスプレ衣装を着用して、もてなしてくれるおです。コスプレ衣装の種類には、メイド、巫女、シスター、女子高生などがあります。

・動物
動物と触れ合いながら飲食を楽しむことが出来るおです。犬、猫、ふくろう、うさぎなどの専門があります。普段触れ合うことが出来ない動物や、ペットを飼いたいけれども飼えないといった事情がある人に親しまれています。

・漫画
内には漫画や雑誌が多く取り揃っており、パソコンを使用することも出来ます。飲食をしながらそれらを楽しむことが出来るというコンセプトです。漫画喫茶とも呼ばれており、休息目的として利用することも出来ます。

利用目的

2008年に、カフェや喫茶に関するアンケート調査が行われました。この調査の対象者は20歳以上の男女です。

利用する目的として、「休憩のため」といった目的が最も多く、男性で53.8%、女性で57.5%という結果になりました。
その他にも、「待ち合わせ」の目的で利用している人は、男性で53.5%、女性で51.9%と待ち合わせ目的で利用している事も多いです。

少数回答では、気分転換、読書のため、食事を摂るためといった利用目的が挙げられました。

全国で

全国のカフェ舗数は、2008年で811062軒です。
最も舗数が多い都道府県は、大阪府で11892軒です。これは、人口10万人あたり137.26軒あるという事になります。
最も舗数が少ない都道府県は、秋田県で263軒です。これは、人口10万人あたり22.74軒あるという事になります。